信楽 勅旨の里

ご予約・お問い合わせ

☎ 0120-82-2951
ハッピーに福来いと覚えて下さい。

Information

勅旨の里 (ちょくしのさと)

お茶と忍者と陶芸の町である滋賀県 甲賀市信楽町
その信楽町 勅旨にある自然豊かなお宿「勅旨の里」
宿泊、自炊、出前のお取り寄せまで自由なプラン。
※お客様のご要望により柔軟に対応させて頂きます。
是非お気軽にお問合せ下さい。

信楽高原鐵道 勅旨駅より徒歩約4分。

紫香楽宮(信楽宮)

▲紫香楽宮跡©信楽町観光協会
勅旨の由来を知るには奈良時代の聖武天皇まで遡ることになります。
聖武天皇は、そのご在位の間に平城京→恭仁京→難波京→紫香楽京→平城京と4度の遷都を行いました。
この4つの京(みやこ)のうちの一つ、紫香楽京が造営されたのが近江国甲賀郡紫香楽(信楽)村であり、現在の滋賀県甲賀市信楽町です。


勅旨田

紫香楽京の造営に際し聖武天皇に献上する為の米を作付けする勅旨田(陛下の勅旨により作られた田であるため勅旨田と言います)がありました。
その勅旨田がかつてあった地域が、その名残から勅旨と呼ばれているそうです。

忍びの里 伊賀・甲賀

▲甲賀衆結束の場、油日神社
伊賀市と甲賀市が持つ“リアルな忍者” が感じられる魅力ある里の文化や伝統が持つストーリーが、2017年春日本遺産に認定されました。
戦国時代、忍の里であったことで知られる甲賀市には、今もその名残が各地に存在しています。

日本最古のお茶

信楽の朝宮は最澄が唐より持ち帰ったお茶が初めて栽培された場所と言われています。
「全国五大銘茶」の一つでもある朝宮茶は、緑茶の最高峰として、歴代天皇にも献上されてます。

信楽焼

信楽に加え瀬戸・常滑・越前・丹波・備前の六つが「日本六古窯(にほんろっこよう)」として平成29年日本遺産に登録されました。
陶器の町でもある信楽は「日本六古窯(にほんろっこよう)」の一つに数えられ、瀬戸・常滑・越前・丹波・備前と並ぶ代表的な産地でもあります。
土味を生かした素朴であたたかい風合いの信楽焼は、有名な狸の焼き物だけでなくバラエティーに富んだ焼き物を楽しめます。